ピラティススタイルについて

こんにちは、カリンです。

ピラティスをやってみようと決心がついたので会社の同僚が誘ってくれていたピラティスについて聞いてみたところ、「ピラティススタイル」というスタジオらしいです。

何でも調べてみるタイプの私は、ピラティススタイルについても調べてみたところ、「1年通った私がピラティススタイルをおすすめする理由」というサイトに詳細が書いてありました。

まず設備面ですが、先日調べたリフォーマーやキャデラックといったマシンもピラティススタイルなら使えそうです。最初はともかく、続けていくうちにきっと使いたくなるような気がしているので、設備として用意されているかどうかは私にとって重要です。

Basic、Beginner、Intermidiateと難易度ごとにクラス分けがされていて、初心者はBasicクラスで基本的な動きと呼吸、姿勢などを身に着けるところから始めるのがオススメだそうです。

レッスンとしてはグループレッスンとプライベートレッスンがあり、グループレッスンの方が割安のようです。前述のピラティス専用マシンはプライベートレッスンで使うことができるとのこと。

その他にも「マジックサークル」のような補助具を使ったレッスンなども開かれているので、色々なレッスンに出てみることで飽きずに続けられそうですね。

あとは「ゆがみーる」という姿勢評価システムがあるようで、姿勢や筋肉の状態を測定し、ゆがみなどがあるかどうか確認もできるようです。自分の身体のどこにゆがみや張りがあって、どのように改善していけば良いのかをインストラクターの方と確認できるというのは、モチベーションを保つうえで有用ですよね。

体験レッスンはかなり安めの金額で受けられるようなので、せっかく同僚にも勧められたし、一度行ってみようと思います。

ピラティスの効果

ピラティスを試そうとしているカリンです。

実際にピラティスを試すとどのような効果があるのかについて調べてみました。

まず、ピラティスを実践すると、体幹を鍛えることができます。普段なかなか鍛えることのできないインナーマッスルや背骨を意識した運動なので、姿勢が良くなるという効果が第一に挙げられます。

身体の骨や筋肉の位置(アライメント)が整うので、普段PC作業が多くて猫背がちな人や、肩こりや首のこりに悩む人には、その悩みの改善が期待できるという嬉しい効果ですね。

また、正しい呼吸を学ぶことによって心肺が強くなったり、血行が良くなるなどの効果もあります。これにより身体の機能が整ったり、自律神経も乱れない身体づくりをすることができます。

ちなみにピラティスの呼吸法ですが、詳しくは胸式ラテラル呼吸と呼ばれており、お腹が膨らまないように力を込めながら、肋骨を広げるように空気を吸う呼吸だそうです。

更に、ピラティスでは基礎代謝量の増加も期待することができます。基礎代謝量が上がるということは、すなわち太りにくい身体になるということです。

日本人女性の基準代謝量は、体重にもよりますが、20代で1180kcalくらい、30代や40代では1140kcalくらいと言われています。太りやすいと感じている人は、もしかしたら基礎代謝量が下がっているのが原因の可能性があるので、ピラティスを行えば理想の体型へ一歩近づけるかもしれないということですね。

ということで、ピラティスの効果はだいたいこんな感じみたいです。

姿勢が直ったりするのは素敵ですね、私もそろそろ実際にやってみようと思います。