ピラティスマシンの種類

こんにちは、カリンです。

ピラティスにはマットの上で行うマットピラティスと特殊な機械・器具を使用して行うマシンピラティスの2種類があるようです。

有名なところで言うとリフォーマーです。リフォーマーはサポートしなければならない体の部位を安定させ、本来意識しなければならない細かいインナーマッスルの動きに集中をしやすい環境を作ってくれます。

あとはスパインコレクターというマシンは背骨の動きを調整するために考えられたマシンです。胸式呼吸をしながら体を前方に倒し、背骨の正しい位置を見つけるという使用方法です。

あとはキャデラック。負傷者がベッドに横になったままの状態でもリハビリできるように開発されたものです。腹筋群にかかる負荷が軽減するため丁寧にフォームを意識しながら、ロールアップを行うことが出来ます。

スタビリティチェアという少しマイナーなマシンもあります。体幹の安定を基盤とした上での上肢・下肢の筋力強化が主なエクササイズになります。立位での下肢の動きを調整するエクササイズも多くあり、ダンサーやスポーツ選手の強化エクササイズにも活用されます。

正直、どのピラティスマシンもパッと見どう使っていいか分からないような形状なので、難しそうととかハードそうと思いがちですが、でも実際はマシンを利用することでより動きやすく、エクササイズを効果的に行う手助けをしてくれるので簡単だそうです。

マシンピラティスあるところに通おうかな。